12月22日に放送された「それいけ!アンパンマン」(日本テレビ系)で、佐久間レイがドキンちゃん役に挑戦しました。

一話限りですが「全く気が付かなかった」「そっくりだった!」など、佐久間レイの声に視聴者もプレゼントをもらった気分だったのではないでしょうか。

 

11月16日に高速道路の路肩に駐車した車の中でひとり静かに天に召された声優の鶴ひろみさん。大動脈解離という診断でしたが、まだ57歳。

まだまだ声優として活躍できる年齢ですし、子どもが幼かったころには「アンパンマン」がたくさんの子どもの人生の教示でした。

惜しい方がなくなって寂しい限りです。

「ドキンちゃん」のキャラクターには、この声がピッタリというほど、鶴ひろみさんの声はハマっていました。

 

今回、一回限りといことでバタコさん役の佐久間レイさんが「ドキンちゃん」を担当しました。

 

クリスマスのスペシャル番組として放送されたお話でほんとに、見ている子供たちにいい贈り物になったでしょう。

 

出典:ameblo.jp

 

★彡代役を依頼された佐久間さんは

12月15日にブログでその時の気持ちをコメントしています。

鶴さんの突然の不幸に「アンパンマンファミリーはみんなで乗り越えようと決めた」

代役の依頼については「スタジオの鶴さんの席に泣きそうな困ったような笑顔の鶴さんが座っているように感じた」

とうことでした。

でも、最初は断ろうとも思っていたそうです。

 

収録では、思ったようには声にならないことに、胸が締め付けられる思いもしたそうです。

しかし、鶴さんへの感謝と尊敬と祈りを込めて精一杯、一度限りのドキンちゃんを演じたとのこと。

 

 

★彡今後ドキンちゃんは誰が演じるの?

2018年1月26日放送予定の1390話以降は、ロールパンナ役との兼任でドキンちゃん役を冨永みーなさんが担当することになりました。

どんな「ドキンちゃん」になるのかこちらも楽しみに放送を待つとしましょう。

 

「ドラえもん」「サザエさん」も声優が亡くなったことが原因で、もう私が子どものころのキャラクターの声とは、全く違っているのも寂しく感じつつも、仕方がないと思ってきました。

 

時代の流れなんですよね(*^_^*)

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/

アイキャッチ画像出典:2017ネタ広場

 



スポンサーリンク



スポンサードリンク