スマホを使っている方でLINEを使っていない方はほとんどいないのでは?と思えるほどユーザーが多いLINEアプリ。

しかし、便利なようでなかなか使い方が難しいアプリでもありますね。

若い世代を初めLINEを使ったイジメやセクハラも多くあるようで、社会問題になってニュースで取り上げられているのを良くみます。

今回はLINEで相手をブロックすることでトラブルになるケースに注目して、LINEをブロックするときの気をつけたいポイントをご紹介します。

 

LINEはこんなに便利

無料でメールも通話も出来ることから、ユーザーの数はかなりいます。

楽しいスタンプも使えますし、画像(写真)も遅れてとても便利ですね。グループも簡単に作れるという、一押しのスマホアプリです。

無料”なので、小学生や中学生などの低年齢の子どもたちにも愛用されています。親も金銭的に助かりますからね。

 

自分が子ども頃にはそもそも携帯電話もありませんでしたから、LINEでのトラブルなどは現代ならではの現象と言えますね。

さて

 

 ブロックされちゃった・・・

ブロックされた相手からは自分がどんなふうに見えているんでしょうか?

自分が友達にブロックされてしまったとしたら・・・

「嫌われてる?」とか考えてしまいます。そう思ったら。

 

普段お付き合いのある知り合いには、なるべく使いたくない機能ですよね…。

でも、LINEでつながるのは、友人などのプライベートだけはでなく、ビジネスでも利用している人が多いですよね?

なんたって”無料”ですから。

電話帳と同期すると“友だち”検索でアドレス帳に登録されているものが勝手にLINEにリストアップされます。

仮に相手もスマホにLINEアプリを入れていた場合は、相手にも自分がLINEをしていることが解ってしまいます。

どうでもいい相手だと、こういうのは面倒ですよね。

IDを設定しておけばこういったことはありませんが、「あー失敗した!」って思った経験のある方は結構おられると思います。

こんな時に使える機能として「ブロック」があります。

でも、自分がブロックしたら相手にどう表示されるのかが気になって、なかなか試すことができません。

「ブロック」すると「ブロックされました」とは表示はされません。

でも。

 

トークは無視。通話も無視。タイムライン投稿も消える。

 

という事から相手側にバレるのは間違いないです。

では「ブロック」はどんな風に使えばいいのか説明して行きますね。

 

 

LINEの「ブロック」の基本

ブロックの機能

ブロックは、特定の友だちからの連絡が出来ないようにする機能。トークや通話はもちろん、タイムラインの閲覧もお互いにできなくなります。

 

設定方法

「友だち」画面の上部にある「友だち編集」をタップし、ブロックしたい友だちをチェック。
下にある「ブロック」ボタンを押して、確認をしておけばOKです。

ブロックされた相手側の表示

相手が自分にトーク(メール)などを行った場合

・トーク:メッセージを送っても既読表示がつきません。
・通話:呼び出すことはできますが応答できません。
・タイムライン:タイムラインの投稿が表示されなくなります。
・ホーム:相手のホームに訪問しても「投稿がありません」と表示されます。

 

どうですか?これを知っておくだけでも随分ブロックが使いやすくなったと思います。

「ブロックされました」とははっきり明示されませんが、トークや通話を無視されるうえに、タイムライン投稿も消えてしまうのでバレバレになるのは間違いないです。

ブロックする相手はよく考えてから選んだ方が良いですね。

 

ブロックを解除する方法

ブロックを解除したい時は、「その他」画面の「設定」→「友だち」を開くとある「ブロックリスト」という項目から設定できます。

 

このなかに、ブロックした相手が登録されていますから、この中からブロックを解除したい相手の「編集」をタップして「ブロック解除」を選択すればOKです。

この時に、間違って「削除」を選択してしまうと「ブロックリスト」の中からも削除しますから間違えないようにしてください。

「削除」した友だちはIDや電話番号検索や「ふるふる」でしか再登録できませんよ~。

 

上手に使う

「ブロック」というといじわるな感じもしますが、「友だち」が増えたりいらないアカウントなどの整理にはもってこいですね。

私まずはIDを設定してLINEの相手は選んでいますし、必要のない公式アカウントとかをブロックしています。

ぜひ皆さんも上手に使ってください。

本日も記事を読んでいただき有難うございました(^^)/

スポンサードリンク