日本テレビの深夜ドラマ枠『シンドラ』第2弾として、『吾輩の部屋である』(毎週月曜 24:59※関東ローカル)が9月18日から放送されることがわかりました!

吾輩の部屋であるは漫画雑誌『ゲッサン』(小学館刊)で連載中。

原作は田岡りき氏によるもの。

主人公の大学院生・鍵山哲郎の1Kの一人暮らし部屋を舞台にして、たった一人きりの誰にも邪魔されないとう空間を、軸に展開する哲学系のコメディーです。

 

登場人物はなんと鍵山哲郎たった1人。

 

これは珍しい設定ですよね。

ちなみにキャストは後日発表されることになっていますので、また発表がありましたらお伝えしたい思います。

どんな内容?

主人公以外は誰も出てこない。

突っ込んでくれるのはなんと、お部屋の家具や家電製品たちです。

ちょっと哲学がすぎる!という大学院生の23歳男子の日常生活。

大学のレポートの締切りに必死で取り組んだり、バイト先での失敗を悶々と考え込んだり、好きな女の子をデートに誘うかどうかと悩んだりします。

基本的に一人の大学生の男の子の心の葛藤が展開の軸ということです。

友達や知人とのメールでくだらないやり取りをしているところとか、現代の若者の姿を如実に表しているかもしれませんね。

スポンジ入れの吸盤が「よく落ちる」ことに関する考察や、部屋のホコリの発生原因についてなどものすごく日常に密着した「あるある」な出来事が登場して、意外と面白いです。

基本はコメディーですよ♪

まとめ

これからいろいろとドラマに関する情報が入ってくると思いますので、またお届けしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました(*^-^*)

冒頭画像出典:gekkansunday.net

スポンサードリンク