柴咲コウ(33)が「信長協奏曲(コンツェルト)」で7年ぶりに“月9ヒロイン”を演じます。

10月13日にスタート。フジテレビ系・月曜日午後9時放送。

柴咲コウは濃姫の名で知られている織田信長の妻・帰蝶の役。夫である信長役は小栗旬(31)。

戦国時代…時代劇ということですね。

濃姫が信長に渾身のビンタを食らわせるシーンもあるそうで、実力派俳優2人によドラマの展開が楽しみです。

スポンサードリンク




 

柴咲コウが月9のドラマに出演するのは、2007年10月の「ガリレオ」以来なんです。

なんと7年ぶり。

ドラマでちょくちょく見るので、まさか7年ぶりとは思わなかったですね~!!

月9では初の時代劇となる今回のドラマ「信長協奏曲」。

原作は石井あゆみさんによる人気漫画。

現代の高校生・サブロー(小栗旬)が戦国時代にタイムスリップして、織田信長として生きることになる物語です。

信長とサブローの1人2役を演じる小栗旬。

柴咲コウと小栗旬という組み合わせはすごく新鮮な感じがしますよね。

実はこの二人は、2010年4月放送の「わが家の歴史(第一夜)」で共演してはいるのですが芝居上もまったくの絡みがなかったく、今回が初共演といってもいいくらいなんです。

いったいどんな夫婦を演じてくれるのでしょうか?

 

ちょっとネタバラシ

柴咲コウ演じる濃姫は、美濃(岐阜県南部)の戦国大名・斎藤道三の娘 帰蝶。

サブローが信長として帰蝶と初めて夜を過ごす第1話。

帰蝶にひと目ぼれし、ふんどし姿で彼女に迫るサブローですが、本物の信長と仲が悪かった帰蝶は「お主との縁組は織田家と斎藤家の和睦のためということを忘れたか!」と、強烈なビンタを食らわせます。

実の父との葛藤や織田家の中での孤独。いろいろな悩みを抱えて、自分を守るためにかたくなに生きる帰蝶。サブローと出会い、どんなふうに変わっていくのでしょうか?

戦国物の主役に織田信長はよく登場しますよね。

信長の妻も、しばしば主役で取り上げられることがありますが。今回は時代をタイムスリップ(漫画ではよくある設定ですが…)した信長相手ですから。

信長自身のイメージも随分違います。

時代を超えて描かれるラブストーリーはいったいどんな恋愛譚なんでしょう。

           しばさき綺麗ですね~!!

柴咲コウのビンタ 

「躊躇なくビンタさせていただきました。まったく遠慮しなかったので、パーンと良い音が響きましたね(笑)」と。

嫌な顔ひとつせず受け止めた小栗旬の俳優魂に「私よりお若いですが、懐が深い方だなぁ」と感心したそうです。

戦国時代に生きた帰蝶の内面も描かれており、演じる上での苦労を「“かわいらしさ”を出すことですね(笑)。“マムシの道三”の娘で勝ち気な性格なので、“かわいらしさ”をどうやって出していけば良いのか難しいです」と語っていました。

もうあと1ヶ月ですね。楽しみです!!

スポンサードリンク