TOKIOが、9月28日放送の「ザ!鉄腕!DASH!!3時間スペシャル」(日本テレビ系)で民間人立ち入り禁止の東京湾に浮かぶ無人島「第二海堡(かいほ)」でロケをしました。第二海堡島と番組のネタバレをお伝えします。

 

第二海歩堡(かいほ)島とは

鎖国から開国した明治時代に外国から東京を防衛するために造られた人工の島。

1889年に起工し、1914年に完成した第2海堡は、明治政府が外国から東京を防衛するために造った人工の海上要塞です。軍事施設というわけです。

そのためなんと砲台や太陽光による灯台が設置されています。この時代に太陽光を利用していたなんてビックリですね。

総面積約41平方メートル。島の周りを1周歩いても20分程度の小さな島。

旧日本軍の軍事機密事項が多いため、今でも民間人の立ち入りが禁止されている。

現在は国土交通省が管理しており、テレビのどのメディアが上陸するのは今回が初めてです。

115年間、一般の立ち入りを禁止。手つかずの自然が広がっているそうです。

 

スポンサードリンク




 

東京にこんな島があったなんて。

私は関東からは遠方に住んでいるので、まったく知りませんでしたが、東京近郊のかたでも知らなかった方は多いのではないでしょうか。

 

どうして第二海歩堡島で?

自然豊かな東京湾を取り戻すことを目指している番組の人気企画「DASH海岸」の取り組みに国交省が賛同。

人の往来がないため、豊かな漁場としても知られていて、さまざまな生態系がそのまま残っています。

これまでテレビの取材は許されていなかったんですが、2010年に「DASH海岸」が国交省の表彰を受けたりと、これまでのTOKIOの働きが見込まれて、特別に許可が下りたそうです。

「生物の生態系の調査であれば」と許可。

        かいほ

115年もの間、誰も立ち入っていなかったのですから、島全体だけでなくその周辺の自然について番組で放送されるようです。

番組ではメンバーの城島茂と山口達也の二人が第二海歩堡島を訪れてこの島にすむ生物たちの生態を紹介してくれるそうです。

鉄腕!DASH!!3時間スペシャル。楽しみですね~。

旧日本軍の施設跡なども、興味がありますね。

こういう島なら他の旧日本軍の施設跡とは違うものがあるかもしれませんね。

山口達也がスキューバダイビングで海の奥を、城島茂が海女スタイルになって浅瀬の生態を調査する。ウメボシイソギンチャク、イシガニ、ガザミなど珍しい生物を次々に発見。

山口達也は巨大タコにからみつかれたり…本当に面白そうですよ。

 

 

山口達也のコメント 

「DASH海岸で東京湾を知り尽くしているつもりでいたけれど、こんな無人島があるとは。しかも人工の島ということで、さらに驚いています。TOKIOスペシャルDAYSの最後を飾るにふさわしい記念となる初上陸です!」

とコメントしています。

       かいほ2

 

 

「TOKIOスペシャルDAYS」 

TOKIOが21日にCDデビュー20周年を迎えることを記念した番組。

21日~28日に同局の「ぐるぐるナインティナイン」「笑点」など人気番組にメンバーが出演するキャンペーン企画。

ラストを飾る番組スペシャルとして、第二海堡ロケのほか、人気企画「DASH島」の大がかりな水路工事や同地のツバキを使った燃料作りの様子が放送されるそうです。28日午後7時に放送です。

私は見ます!見れなかったら録画し~よお♪

スポンサードリンク