パンクロックバンド「アナーキー」の元ギタリスト、マリさんが亡くなりました。

本名は逸見泰成さん。

4日に亡くなったそうなんですが、死因は発表されていません。

まだ57歳でした。

音楽カルチャーの発信地である東京・高円寺のショップ「フウドブレイン」のブログで発表され、公になったものです。

アナーキー・ギタリスト、故 逸見泰成(通称:マリ)は平成29年6月4日行年57歳で永眠されました。ここに心から哀悼の意を表すとともに謹んでお知らせ申し上げます

 

 「アナーキー」は1978年に結成。

1979年には、ヤマハ主催のアマチュア音楽コンテスト「EastWest」で優秀バンド賞、最優秀ボーカリストを受賞。

1980年に、シングル「ノット・サティスファイド」、アルバム「アナーキー」でメジャーデビューしました。

「ノット・サティスファイド」

出典:36ZP75x2nd

当時すごく、人気のあったバンドです。私はリアルで楽しませてもらったので、こういった訃報を知るととても寂しいです。

今の若者が見たら笑っちゃうかもしれませんが、こういう時代だったんですよね(*^^*)

2001年に残念ながら活動を休止。この時も時代の流れを感じ、寂しくなったものでした。

2008年にドキュメンタリー映画「アナーキー」が公開されたのも、なつかしく思い出されます。

現在の「アナーキー」はどうなっているかというと。

「フウドブレイン」では20周年記念の企画で、7月2日に東京・新木場のSTUDIO COASTでライブを開催します。

「アナーキー」はこの日限定ですが再結成され出演するそうです♪

 

マリさんのご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました(*^-^*)

冒頭画像出典: cdfront.tower.jp

スポンサードリンク