今年の8月に事務所との契約終了を申し入れた、人気モデルでタレントのローラ(27)。

そのローラのファンクラブが解散することになったということですが、理由を調べてみました。

そもそも、ファンクラブというのは、事務所が作りましょう!ってなるものだということは察しがつきますよね?

だったら「解散」と聞くと・・・上手く独立できたのかも。って私は考えましたが。

公式ファンクラブ(FC)の「ROLA’S FAN CLUB」

会員には24日に、メールマガジンでお知らせしたそうです。

円満なのかはまだ不明ですが、ローラと所属事務所が仕事を続けることが不可能になったことが原因だそうですので、当然のことでしょう。

メルマガによると公式ファンクラブの解散理由については「諸事情により、現在コンテンツの更新を行うことが困難な状況で、再開時期の目処(めど)が立たないため、これ以上ファンの皆様をお待たせする訳にも参りませんので、このような判断に至りました」と説明しています。

年会費の返金のことなどについても言及しています。

ローラは所属事務所に対して、実質20年間の専属契約となっていて、これでは不当に拘束されている。

これを理由に契約終了を求めているわけです。

 

ファンクラブ解散は一つの前進でもあるとも言えますが、サントリー、ユニクロ、楽天などの複数の企業のイメージキャラクターをしていますし、26社にも及ぶスポンサー企業との契約もあります。

事務所の立場もあるでしょうから、今後の展開はまだまだ注目され続けることでしょう。

もちろん私も興味津々でいます。

外からではわからないいろんな事情もあるでしょう。ローラにも多々言い分があると承知ですが。

ただ、ローラがここまでの人気者になったのは事務所の力やおかげはふんだんにあると思いますので、そこは踏まえたうえで解決してほしいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました(*^-^*)

冒頭画像出典:スマホ壁紙無料.com

スポンサードリンク

</aside >