俳優の田宮五郎さんが亡くなりましたね。

田宮五郎さんといえば、映画「白い巨塔」の主演をつとめ、1978年に猟銃自殺した故田宮二郎さん(享年43)の次男さんです。

田宮五郎(たみや・ごろう、本名柴田英晃=しばた・ひであき)。まだ47歳。

お父さんは自分よりももっと生きて欲しいと思っていたでしょうね。

残念なことです。

スポンサードリンク

 

 

葬儀はすでに近親者で済ませたそうです。死に至った状況や死因はまだ不明ですが、階段から転落したことが原因で亡くなったとの情報があります。

事故ということでしょうか?

2012年4月12日に都内にある自宅で、くも膜下出血で倒れたこともまだ記憶に新しいところです。

このときは約8時間に及ぶ手術を受けて、一時は昏睡(こんすい)状態に陥りながら回復。同7月にリハビリの専門病院に転院し、半年間ほどリハビリ生活をつづけ同12月に退院されました。

当時、友人などに「仕事をしたい」と復帰への意欲を見せていたそうです。以前のように上手く話をすることが出来なかった時期も乗り越え、周囲からも順調に回復しているように見えていたそうです。

このころ闘病を支えたのは、2007年から交際していた女優の浅野ゆう子さん。

田宮五郎さんんが入院中だった2012年6月に交際が報じられたときには、ビックリしました。

「良き理解者である田宮さんは今、“生きていきたい”と前向きに信念を持ち、懸命に病と闘っております」とコメントを出し、交際していることを認めていました。

当時もう二人は同居していて、田宮さんが退院する時も浅野ゆう子が付き添っていました。

田宮五郎さんは、2006年に39歳で俳優デビュー。いわゆる遅咲きですね。 NHK大河ドラマ「功名が辻」に黒田長政役で出演していました。

浅野ゆう子とはデビュー前からの知り合いだったそうで、以前は同じ事務所に所属していたこともあります。

たみや1

田宮さんは東京農大農学部在学中から、コックや大工、司法書士事務所に勤務したりいくつもの職業を経験したそうです。

もともと俳優志望だったそうなんですが、父で俳優だった故田宮ニ郎さんの「俳優をやるならいろいろな職業を経験して人間を知ってからの方がいい」という教えがあり、それに従ったようです。

俳優デビュー当初は田宮英晃(ひであき)の芸名だったんですが、2007年3月から父の本名である「吾郎」にちなみ、田宮五郎に改名されています。

水戸黄門とかどちらかというと「時代劇」でよくみかけましたが、子どもが大好きだった特撮ドラマ「仮面ライダーオーズ」に出演されていたのを思い出しました。

ご冥福を祈ります。。。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク