出典:www.jprime.jpより

 

女優の能年玲奈が所属事務所との契約をめぐっての対立もそろそろ大詰めになってきたようですね。

先日、芸能活動するにあたり名前を「のん」に改名すると報告がありましたが、何とも形容しがたい名前にしたなあ、と思いましたが・・・。

 

能年自身は6月末で契約は終了したと表明し、「のん」に改名することを宣言。再スタートを切ることまで宣言したばかりですが。

以前から言われいたようにやはり今後の芸能活動は厳しい状況になりそうですね。

 

 

芸能事務所レプロエンタテインメント

能年が所属していた事務所は、マスコミ各社に文書でコメントを発表しました。

去年から契約問題はたびたび報じられてきましたよね。

でも、能年玲奈の気持ちはたびたび報じられてきましたが、事務所側がコメントを発表するのは今回が初めてです。

気になる内容ですが。

 

法的手段に出る意向も示しました。

 

 

レプロの公式HP上にはまだ能年玲奈のプロフィールがこれまで通り掲載されていてレプロは契約問題について「現在までその解決に至っておりません」としています。

「15年1月に能年さんが女性演出家とともに無断で個人事務所を設立したことを問題視したレプロは、能年に話し合いを求めたが、一切応じなくなり仕事も拒否しました。」

「その他、契約違反は多々あり、それらを見過ごせないとして、今年6月までの契約についても後半の約1年半を契約不履行とみなし、すでに契約延長を申し入れていました」(レプロ関係者)

芸能界としては

やはり契約上の問題を解決しないままに、先延ばしにしていては、能年玲奈が芸能活動を再開はするのは難しいようです。

そりゃそうですよね。そんな甘い業界ではないでしょう。

特に所属事務所とのトラブルを抱えているタレントですから、テレビ局も企業も起用するわけにはいきませんよ。

イメージとか力関係とかいろいろありそうですものね。

 

このままでは芸能界を干されてしまう可能性が高いと言われ始めています。

 

★大手芸能事務所関係者の語。

「レプロとしっかり話し合いのできる後ろ盾がいればいいのですが、能年の独立を支援していると報じられている女性演出家にその役は務まりません。」

「また、能年のご両親も芸能界に関しては素人で、親心は理解できますが、結果的に強硬手段による独立は能年自身を再起不可能にさせてしまいます。」

「形式的には契約違反しているのは能年なので、今後裁判になってもならなくても、レプロと和解しない限り能年は不利な立場のままです。」

 

やはり能年側が契約違反となり不利な立場にあるのは否めないようですね。

 

能年玲奈1

              出典:ponponmedia.comより

こんなに可愛いくて天然なところがいい子なのに・・・。

 

 

レプロは?

芸能界では大きな影響力を持つ芸能事務所バーニングプロダクションとの関係が強いことで知られている事務所。

一時はバーニング所属で発言力のある小泉今日子の後押しも囁かれていましたね。

でも、バーニングの社長さんは、むしろレプロの社長の思いに共感してるようです。

能年玲奈側が世間知らずなままに、無謀な手段に出てしまったので、このままだとどうにもならないようでうね。

 

まとめ

能年玲奈自身はきっと周りの大人の事情に振り回されてしまったんでしょうね。個人的にはお気の毒な気がします。

どう考えても彼女自身の意思とは考えにくい所業です。

”あまちゃん”で共演して飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍し続ける有村架純がきっと羨ましいでしょうね。

それこそ今現在の小泉今日子や薬師丸ひろ子ならいざ知らず、能年玲奈はまだまだ若輩であることを周りの大人が考えるべきでしたね。

可哀想に。

なんとか”能年玲奈”個人が救われることを祈ります。

 

記事を読んでいただき有難うございました(*^▽^*)

スポンサードリンク