iTunesソングチャートで大ヒットしていることで、今、大注目されている楽曲があります。

 

Suchmos  ”STAY TUNE” 

 

「2016年に大ヒットした曲って?」って聞かれたら、やっぱり恋ダンスの星野源「恋」か映画「君の名は」のRADWIMPS「前前前世」ですよね。

でも、「STAY TUNE」が昨年の秋ころからジワジワとチャートの上位に上がってきて、年明けには2位にランクしています。

これって凄いと思いませんか?

実際、私はこんな名前の歌手も知りませんし、もちろん曲も知りませんでした。

でも、こんなに売れているんだから聞いたことあるかも?って思ってYouTubeを見てみたら、「この曲!何回も聞いたことあって知ってる!!」って、思わず声に出してしまいました。

後のほうに、動画を載せていますので、ぜひご覧ください。きっとご存知だと思いますよ。

もちろんSuchmosのご紹介もさせて頂きますね(^^♪

 

実はこの曲はCMで流れている曲だったんです。

「STAY TUNE」が使用されているCMは、ホンダ・ヴェゼル。

オンエアが始まったのが2016年9月ですが、年末から正月にかけて集中的にオンエアされたらしく、この曲が視聴者の耳に残ることになったわけですね。

最近は音楽番組が減ってヒットにつながると言えば、ほとんどがドラマか映画で使用されている曲です。

それを除くと今回のようにCMのとのタイアップですよね。やはり。

 

ヴェゼルは売れているのか

ちなみに、ホンダのヴェゼルは売れているのかというと・・・

すでに販売開始から3年も経っているそうなんですが、前年比を上回る売上を記録し続けているとか。

わあ~やはり・・CM曲とのマッチングがいいせいかはわかりませんが、認知度を向上させたのは間違いないでしょう。

テレビCMを作っている当事者の方々も、タイアップ・ソングがマッチングした時のポテンシャルにビックリしているそうです。

最近の若者の車離れがこんな形で改善していくこともありえるのかもしれないですね。

 

第一。車のCM曲って意外と古い曲が多いですね。中高年には聞き覚えのあるものですが、若者には古臭い感じがするかもしれませんするかもしれませんね。

山下達郎とか大瀧詠一、スピッツ、Dreams Come Trueらの懐かしJ-POPばかり。

海外のメーカーがサザンオールスターズ、久保田利伸、氷室京介らをCMに使っていましたけど、新曲であっても若者をターゲットにしていないことは明白です。

トヨタがSEKAI NO OWARIやゲスの極み乙女。の曲をタイアップさせていましたが、車とのイメージと狙う年齢層からいくと今一つだといえましたね。

スポンサードリンク