育児漫画家の高野優さんの講演会に行ってきました。

テレビの子育て番組で随分とお世話になってはいましたが、テレビをみるとおりの楽しく明るい方でした!

高野さんの講演会は、漫画を描きながら行うもので、とても新鮮であり斬新なアイデアだな~と思いました。

いくら漫画家さんでも講演会で生で描いた漫画を見ることが出来るなんて驚きました。

 

出典:kosodate.co.jp

 

講演の内容は三人の娘さんのお話を軸に子育てについて話をされましたが、けっして子育ての仕方を教えるとか、押し付けるような言い方ではなくあくまでも体験に基づいた、「こんなふうにしてきた」という感じでした。

ですので、もちろん失敗談などもあり、共感できるものもありとても楽しかったです。

そしてイラスト付きで話してくださるので、その情景が目でも見ることが出来るので、大変わかりやすい内容でした。

子どもに対する声のかけ方ひとつとっても参考になり、何より思春期となり暴言を吐くいたり、暴れる子どものことも。

 

ここまで大きくなってくれて嬉しい

と思おう!って思えました。

 

最後にはご自身が幼少のころから思春期のころのお話をしてくださいました。

ちょっと笑えるような”オチ”のあるお話でした。その経験は高野さんにとって寂しい経験でもあり、人の温かさを知ることのできた経験でもありました。

そして、観客にいる私たちに今回の大きなテーマとして、「子どもは親だけでなく地域で育てていくもの」だということを強くおっしゃられました。

 

最近では力や言葉による虐待や育児放棄も大きな問題となっています。

地域の力で救われた高野さんのように・・・私の周りにも救うことのできる、お子さんもいるのかもしれないと思いました。

私はまだ子育て中なので、これからも高野さんの言葉を参考にさせていただきたいと思います。

 

子育て本も出版されていますが、生の声の聴ける講演会は心がとっても温かくなりました。

高野さんの講演会は全国各地で行われていて、本当におススメですので機会があれば行ってみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました(*^-^*)

冒頭画像出典:Speakers.jp

スポンサードリンク