運動会で人気のある組み立て体操。人間ピラミッドなど組み体操の小学校での事故が2012年度に6533件に上っていたそうです。

いったいどうしてなんでしょうか?

今、まさに運動会シーズンです。学校によっては春の行事となっているところもあるようですが、秋のほうが多いでしょう。

この事故の多さ、ビックリしますね!

スポンサードリンク




 

これは日本スポーツ振興センター(東京)の統計で分かったそうなんですが。結構、事故が起こっているようですね。

私も同年代の子どもがおり他人事とは思えなくて…つい読み込んでしまいました。

これは読売新聞に出ていた記事なんです。

後遺症が残る事故も2012年度までの10年間で20件発生したそうです。

最近の人間ピラミッドは高層化しているそうで、分析した名古屋大の内田良准教授(教育社会学)は「他の種目に比べて深刻な事故も多く、徹底した安全対策が必要だ」と指摘しておられます。

全くですね。

 

日本スポーツ振興センターとは

学校での事故の医療費給付事業を行っていて公立の小学校や中学校では、必ずというほど新年度の初めに保護者の了解のもと加入します。

若干の費用の負担はありますが、もしものことを考えると安いものです。

最近、事故件数が増加しているとの情報を受けて集計をしたそうです。

その結果、部活動での事故を除いて、2011年度は5976件、2014年9月23日12年度は6533件もあったそうです。

種目別では、跳び箱、バスケットボールに続いて組み体操は3番目でした。

事故が多かった上位10種目のうちでも、組み体操だけは学習指導要領にある体育授業で扱う種目ではないそうです。

つまり組み体操は正規の体育の授業の一環ではなく、運動会のための競技といえそうです。

なので、基本的にはしなくても良いものなんですね。

高層化が増し、小学校で9段、中学校で11段と建物の2、3階に相当する高さに挑戦する学校もあって、下段で支える子どもへの負担はかなりのものになるでしょう。

くみたい1

私は運動が苦手でした。でも、苦手であっても“やれ”と言われたらしなければいけません。

バランスをとったり柔軟性など個人差が大きくでる運動では、運動が苦手な自分の失敗が他の子を事故に巻き込む可能性もあります。

私は個人としてまた親として、組み体操がダメとは言いません。

ですが、すべての子どもを同列にぜず個々の身体能力を鑑みて、競技への配慮は絶対に必要だと思います。

そして、たまに見かけるのですが。

自分の子どもが苦手と知っていながら学校に“出来るように”お願いする親御さんはどうかと思います。

確かにやれば出来ることもあります。

でも頑張ってもうまく出来ないこともあるんです。

そんな様子を見て「先生も本人も大変だな~うちの子に生まれてきていたら、あんな無理はさせないのに…」と思ったことが何度もありました。

運動会に限らず起こりうる事故。仕方ないのですができるだけ少なくなることを祈ります。

せっかくの楽しい運動会ですからね!!

スポンサードリンク