ハロウィンの季節が来ましたね。合言葉は「トリックオアトリート」。この言葉の意味は知っていますか?知らない方は今のうちに勉強しておきましょう。

言葉の意味とともにハロウィンの本来の意味や日本だけでなく、世界でどんなふうに行なわれているのかもご紹介いたします。

 

「トリック オア トリート」

ハロウィンの合言葉としてよく知られていますが、英語では「trick or treat」と標記されます。

毎年10月31日がハロウィンですね。

日本語に訳すと「 お菓子をくれないといたずらするぞ!」という意味です。

この言葉は主にアメリカで使われているものであり、ヨーロッパなどでこの限りではありません。

“Trick (トリック)” とは”いたずら” のことですね。
“Treat (トリート)” は ”お菓子” のことです。
“Trick or Treat (トリック オア トリート)” で”お菓子をくれないといたずらするぞ!” という意味になります。

中学校で習う英語のように訳すと、「お菓子かいたずらか、どっちがいい」
みたいな感じになりますね。

スポンサードリンク




 

 

ハロウィン

「Halloween」とは。

ハロウィンまたはハロウィーン(Halloween, Hallowe’en)といいます。

もとは古代ケルト人が起源と考えられている祭りのようです。秋の収穫を祝い、悪霊などを退散させる宗教的な意味合いのある行事。

イギリスやアイルランドなどアングロ・サクソン系諸国で祝われています。

最近では特にアメリカで一般のイベント行事となっていて、本来もっていた宗教的な意味はほとんどないみたいですね。

カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を飾りつけたり、子どもたちが魔女やお化けに扮して(仮装ですね)、近所の家を訪れてまわりお菓子をもらったりする風習となっています。

1 年の終りは10月31日という考え方(てことは、11月1日が新年なんですね)、この夜は死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。

でも、この時期に出没する悪い精霊や魔女いるため、身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていたそうです。

そのため、31日の夜にはカボチャ(本来はカブです。スコットランドではカブの一種の「スィード(swede)」を用いるようです。)をくりぬいて、中にロウソクを立てて「ジャックランタン(Jack-o’-lantern)」を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が近くの家を訪ねては「トリック・オア・トリート」と唱える。

家では、カボチャの菓子を作って、子供たちは貰ったお菓子を持ちよってパーティーを開いたりするんですね。

お菓子がもらえなかった場合は、報復のための悪戯をしてもいいことになっています。

怖いですね~。どんな報復をするんでしょうか?(笑)

ジャックランタンて、うちの子どもが好きなゲームによく出てくるキャラクターですね。「ペルソナ」とか「女神転生」とか。

みなさんの中でも、ハマッておられるかたいますか?

うちの子どもはこのゲームにハマッています。もちろん私もやっています(^^)

ハロウィンの語源はどこから来たのかというとカトリック教会で11月1日に祝われる「諸聖人の日」です。

ケルト人が自然崇拝からケルト系キリスト教を経てカトリックへと改宗する過程でケルトの収穫祭に合わせてカトリック教会が諸聖人の日を11月1日に設定したそうです。

カトリック教会では諸聖人の祝日は祭日なんですが、10月31日のハロウィンは祭日ではないようです。

どうです?ちょっと勉強になったでしょうか?

 

日本では?

子供たちが近所の家々を回り、玄関先でお菓子をねだるというものです。

いたずら心のある、現在のハロウィン(特に日本では)本来の意味のある行事としてではなく、大人も子どもも楽しめるイベント?となっていますね。

最近は学校のPTA行事で行なったり、英語塾ではほとんど定番のお楽しみとなっているようです。

そろそろ色んな場所で見かけませんか?

    かぼちゃかぼちゃお化け。ジャック・オー・ランタン。
これですよ!!これ!

皆さんもよく見かけるとおもいます。お化けカボチャですね。ハロウィンのトレードマークと言いましょうか。

最近では、小さな子どもを狙った事件が多発して、昼間であっても物騒になりましたね。近所の方に不信感を抱きながらの生活ってしんどいですよね。

こういう楽しい行事に乗っかって、近所のコミュニケーションを図るのもいいのではないでしょうか?

小さな地域の中でのつながりを作るのにはもってこいです!

ハロウィンの夜。玄関先で子供たちの “Trick or Treat (トリック オア トリート)”という声が聞こえたら、是非返事の合言葉”Happy Halloween!(ハッピーハロウィン)”と言いながら、持ってきたバスケットになんでもいいのでお菓子を入れてあげましょう。

大人のみなさん。

近所には少なくても何人かの子どもがいると思います。あらかじめ、親御さんに声をかけておいて、子どもたちを楽しませてあげてください!

お菓子を用意しておいてくださいね。10円、20円の駄菓子でOK。種類が豊富なほうがいいですね。

「うまい棒」なんかは色んな味があるし、子どもは大好きですね。

子どもたちはバスケットを持って回ることになっていますが、これは臨機応変に袋だったり籠だったり、なんでもOK!

実はうちの近所でもやっていますが、うちでは、あらかじめお菓子をすぐに渡せるように、小分けしてビニール袋なんかにいれて子ども達の声を待っています。

色んな意見はありますが、私は子どもが楽しめたらそれだけでいいような気もします。これはおもいっきり日本人思考ですね(笑)

日本以外でもアイルランド、イギリス、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアなどでは楽しまれているようです。

アイルランドでは10月最後の月曜が祝日となってて、ハロウィンを祝う習慣が最も純粋な形で残っている国だそうですよ。

機会を作って行ってみたいですね。どんなふうか興味ありますね。

そのうえ、この祝日に続く週は、学期の半ばであるがすべての学校が休みになり、一般に「ハロウィン休み」と呼ばれる。

羨ましい!

子どもに長く学校を休まれると子育てしているお母さん方は大変ですが、子どもは喜ぶでしょうね!

私も10月31日だけは、もう一度子どもにもどりたいなぁ。

あ~、さて、私もお菓子の用意しなくっちゃ!!

スポンサードリンク