暑い日が続く8月中旬。日本では毎年この時期になると“お盆”といって、夏休みになる企業も増える時期です。

また、お墓参りをするのが一般的な”家”の行事といえるでしょう。

本家としてお墓やお仏壇があるご家庭はもちろんですが、分家しても祖先をお祭りする親戚の家へ伺って、一緒にお墓参りなどに行くことと思います。

 

では、お盆って具体的にどういうものなのか、ご説明していきましょう!!

 

お盆(おぼん)とは

夏に行われる日本の祖先の霊を祀る一連の行事をいいます。

日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事として位置づけられています。

かつては太陰暦の7月15日を中心とした期間に行われていましたが、現在では太陽暦の8月15日を中心とした期間に行われています。

仏教用語の「盂蘭盆会」を簡単にして「盆」(一般に「お盆」)と呼ばれています。

盆とは、本来は霊に対する供物を置く容器を意味しています。

したがって供物を供え祀られる精霊の呼称となり、盂蘭盆と混同されて今に至っているという説もあります。

現在でも精霊をボンサマと呼んでいる地域があります。

 

 

お盆の明確な起源は不明とされていますが、その昔、1年に2度、初春と初秋の満月の日に祖先の霊が子孫のもとを訪れて交流するという行事があったそうです。

初春のものが祖霊の年神として、正月の行事となり、初秋のものが盂蘭盆と習合して、仏教の行事として行なわれるようになったといわれています。

8世紀ごろには、夏に祖先供養を行うという風習が確立されたと考えられていて、地方や佛教の宗派により行事のやり方は少しづつ異なっています。

 

また、お盆時期の地蔵菩薩の法会は「地蔵盆」と呼ばれ、(天道)大日如来のお盆は大日盆といわれています。

 

いろんな風習も

迎え火、送り火などお盆には一定のやり方、お供えの仕方があります。

お盆を終えるときの一つの行事として、精霊流しや灯篭流しをする地域もあります。

以前、長崎の精霊流しに参加しましたが、爆竹の音があちらこちらから聞こえて、実に勇壮でまるで一種のお祭りのようでしたでした。

 

また皆さんご存じの”盆踊り”。

よくある夏祭りにはなくてはならないものですが、これも元々はお盆の最後に寺社の境内に老若男女が集まって踊っていたものです。

これは地獄での受苦を免れた亡者たちが、喜んで踊る状態を模したといわれていて、旧暦7月15日は十五夜、翌16日は十六夜(いざよい)で、どちらかの日が満月になるので、晴れていれば、16日の晩は月明かりで明るいことから、夜どおし踊ることができたからです。

 

まとめ

こうしてみて見るとお盆とは先祖供養ということですが、亡くなった方と生きている人との”交流行事”と言えるでしょう。

このような先祖供養の行事は、時期は違いますが中華文化にもありますので、仏教から強く派生したものなのかもしれませんね。

ご先祖様に日頃のお守りに対する”感謝の気持ちを”伝え、家族みんなで昔ばなしでもすると、ご先祖様も喜んでくれることでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました(*^-^*)

スポンサードリンク

</aside >