Twitterで「トイレットペーパーを三角折にしないでください」という張り紙が病院のトイレにあった・・・と話題になっています。

昔はほとんど見かけなかった「三角折のトイレットペーパー」

最近では公共の女子トイレでは「最低限のマナー」に近いほどよく見かけます。

三角折をする一番の目的は、次に使う人にトイレットペーパーを取りやすくなるようにとの配慮からです。

なので大人の女性は、実践している方が多いと思います。

私はむかし人間なのでやっていませんが、この三角折の何がいけなくて

「しないでください」

なのか。

実は不衛生だから

「用を足した後の手を洗う前に、トイレットペーパーを折ると、便中や尿中(感染している場合)の細菌などの微生物が付着し、細菌感染する可能性が高くなることがあります」

twitterの投稿では、病院の張り紙にはこんな風に続きが書いてあったそうです。

言われてみれば確かにそうですよね。

特に病院は病気の方が多くいるので、院内感染の元になる可能性は十分にありますよね。

他にも知らばい人が触ったトイレットペーパーを使いたくない・・・という声もありました。

使いたくない人は、そこを破ってから使うという意見が多いようなので問題はないようですが、捨てるトイレットペーパーももったいないですよね。

では、どうすればいいのか。

気を利かせたつもりが、迷惑になることもあるということを、この病院の張り紙のように理由を述べたうえで、知ってもらうべきでしょう。

「清掃完了の合図」の場合も

 ただし、ホテルなどの施設で「清掃完了の合図」として、トイレの清掃員さんが行っている場合もあります。

でも、これを見分けるのは至難の業ですし、実際、トイレは細菌が付着している可能性が高い場所なので、やめておくにこしたことはないでしょう。

まとめ

ちなみに。トイレットペーパーに限らず、便座やドアノブ、手洗い水道栓など、トイレのあらゆるところからノロウイルスが検出されたという報告もあります。

細菌感染は冬場が多いような感じがしますが、夏場はO-157などの食中毒の元になる大腸菌などが繁殖しやすくなります。

つまり。年中気を付けておくにこしたことはありませんし、十分手洗いやうがいをする習慣をしっかりと身に着けておくことが大事ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました(*^-^*)

スポンサードリンク