フィッシングという言葉、最近よく耳にすると思いませんか?インターネットの普及により生み出された新たな危険ですね。

「フィッシング詐欺とは」を基本にフィッシング対策をお届けしたいと思います。

 

私の知人も最近、このフィッシング詐欺にひっかかり、個人情報を盗まれるという事態に遭遇し大変な思いをしました。

知人のおかげで「フィッシング」についてずいぶんと勉強になりましたので、ぜひ皆さんにも知って頂き、よくよく気を付けてほしいと思いました。

 


スポンサーリンク


フィッシングとは

インターネットのユーザから経済的価値がある情報を奪うことを目的として行われる詐欺のこと。

経済的価値のある情報とは具体的には、ユーザ名、パスワードやクレジットカードの情報などです。

世界的にも信頼されているAmazonやグーグルなどの実在する有名な企業などになりすまして、Eメールを送り偽のWebサーバに誘導することによって行われています。

 

インターネット上でたくさんのサービスが提供されている今日にとって、詐欺は増加しその手段も高度化してきています。

 

よくある手口

フィッシングメール

金融機関やクレジットカード会社、IT企業などのふりをして偽のメールを送信。

「カードが使えなくなりました」「口座に振込がありました」「メンテナンスのため」など、受信者が勘違いして信じてしまうような文章で、文中のURLに誘導しクリックさせたり、メールに直接返信させます。

偽メールですから誘導されたURLもその先のWebサイトも全て偽物です。ここに個人情報やパスワードやカード番号を入力してしまうと、情報が盗まれてしまい詐欺に引っ掛かることになるわけです。

ここで入力された情報をもとに、同じパスワードを使っているWebサービスにログインされて乗っ取られてしまったり、カードを不正に使われてしまったりという事例が多く発生しています。

 

フィッシングサイト

既存のECサイトに酷似した偽サイトや、よくあるショッピングサイトのふりをした偽サイトのことです。

売れ筋の人気商品やレアなものを取り扱っているようなふりをして集客します。

そのまま、会員登録に誘導したり、発送先の氏名・住所・電話番号・クレジットカード番号などを入力させます。

ところがこういったサイトは、決済が最後まで進まなかったり、途中で変な画面が出たりして結局購入できないようになっています。

つまり、個人情報やカード番号はしっかりと盗まれた挙句、商品は手に入らないという最悪の詐欺といえますね。


スポンサーリンク


どうしたら防げるのか!対策は?

ィッシングの手段は高度化してきているので、完全に防ぐことは難しいでしょう。

しかし、被害を最小限に防ぐ方法はありますので、次にあげるポイントをしっかりと覚えておいてください。

●そんなことは聞くだろうか?という自覚を持つ

金融機関やカード会社がメールで個人情報・パスワード・カード番号・口座番号を聞いてくることは絶対にありません。

そういった内容のメールが来たらまずフィッシング詐欺だと思って良いでしょう。

● メールの送信者アドレスと、リンク先のURLを確認する

金融機関からのメールがフリーメールはだったり。または返信先のメールがフリーメールではないでしょうか?

大企業はもちろんですが、個人情報を取り扱うなどの企業がフリーメールを使うというのはまずありえません。

またリンク先のURLを確認しましょう。

よく似たURLのときもありますが、不信に感じたときは開かないほうが良いでしょう。

●疑わしいときはメールに書いてあるURLから開くのはやめましょう

メールに書いてあるURLからサイトを開くのはやめましょう。

一度ネットで検索したり、ブックマークしている正規のアドレスから開いてみましょう。

本当に当該企業からのメールであれば、かならず届いたような文言がどこかにあるはずです。

正規のページからログインしてみて、特に何も起きていないようであれば、届いたメールはフィッシングメールと思って間違いないでしょう。

●お客さまセンターに確認してから行動する

メールが来たけど、判断できない場合は、直接その会社のお客さまセンターのような場所に電話して確認しましょう。

オペレーターさんに「こういうメールが来ましたが本物ですか?」と聞けば必ず調べてくれます。

問い合わせる場合は、お手持ちのカードの裏側に書いてある番号に、必ずかけてください。

 

● 日本語の文章がおかしいメールやサイトは疑うこと

フィッシングメールもフィッシングサイトも、本物とそっくりですが、世界でもかなり難しいと言われる日本語だけあって、微妙におかしな言葉になってしまっている場合があります。そういったサイトやメールは避けておくほうがいいでしょう。

 

●サイトの情報を検索して確認する

「サイト名」「(商品名) 通販」など検索して、口コミや評判をしっかりと確認することで、詐欺にひっかかりにくくなります。

大抵のサイトや店舗などの口コミはあります。もちろん、本物のように感じる口コミもありますので、いくつかの言葉で検索をしてよく分からないサイトの場合は、やめておくことが無難です。

 

●アンチウイルスソフトを入れる

ほとんどのPCは買った時に何かしらのウイルス対策ソフトが入っています。

市販のアンチウイルスソフトもいろいろとありますので、PCの利用状況に応じて入れておくと、インターネット上のさまざまな危険を防いでくれます。

フィッシングの場合も大変有効です。

アンチウイルスソフトは「常に有効にしておく」「常に自動更新する」ことで、適切に効果を発揮してくれます。

まだ利用されていない方にはこの機会に利用されることをお勧めします。

●パスワードの使い回しは厳禁

フィッシング以外にもとても有効な対策。フィッシング詐欺は盗んだIDとパスワードで不正ログインを試みます。

このことから、パスワードをサービスごとに変更することで、不正ログインを最小限にすることができます。

最近は一度しか使えず時間制限もある「ワンタイムパスワード」や、パスワードを管理するアプリもありますので、ぜひ活用しましょう。

 

まとめ

インターネットが身近になり、買い物も気軽に自宅でできるようになり、気軽に買い物に行けない状況の時には大変便利ですので、私もよくインターネットは利用しています。

しかし、知らないサイトにはかかわらないことにしています。

皆さんも詐欺被害にあわないように、常に危機感を持ってインターネットを利用してください。


スポンサーリンク