Apple社は、一部の「iPhone 5」のバッテリー駆動時間が急に短くなるなどの問題がおきていることから、無償交換プログラムを8月29日から実施するとしています。

 

Appleは次のように説明しています。

 

Appleは8月22日(現地時間)、2012年9月に発売した同社のスマートフォン「iPhone 5」の一部機種でバッテリー駆動時間が急に短くなったり、より頻繁に充電が必要になったりする可能性があることが判明した。

該当機種である場合には無償で交換しますとお知らせしています。

iPhone 5は日本国内では、auとソフトバンクモバイルから販売されています。

私も使っているのでビックリしました。ちなみに少し前にもスリープボタンの件で交換プログラムが出ていましたよね。

ご存知ない方は、後述になりますがこちらの情報もあわせてお伝えしますね。

バッテリー交換の対象となるのは2013年1月以前に製造された製品です。

対象となるかどうかは、下記公式Webページでシリアル番号を入力すると確認することができます。

iPhone 5 バッテリー交換プログラム – Apple サポート

交換対象期間は2014年8月29日(金)から2015年3月1日までです。

シリアル番号の確認は「設定」→「一般」→「情報」で確認することができます。

スポンサードリンク




 

交換の実施は直営店「Apple Store」やApple 正規サービスプロバイダといった取扱店に直接持ち込む方法。

Apple テクニカルサポートに連絡をし、交換作業を実施する前にAppleにて検査を行い、該当するiPhone 5がバッテリー以外には問題がないかどうかを確認後、問題がない場合に無償で交換されます。

 

既に自費でバッテリーを交換している方は

 

バッテリー交換プログラムの対象になると思われるiPhone 5のバッテリーをすでに自費で交換している場合は、返金について「Apple – サポート – 解決策」からお問い合わせするように案内がされています。

 

iPhone 5を交換する前の準備

 

iPhone 5を交換に出す前には、かならずご自身ですべてのデータをバックアップしたおくこ必要があります。また、コンテンツとすべての設定を消去しておく必要がありますので、ご注意くださいませ。

私も使っているのですが、とりあえず無償交換の対象ではないことがわかりホッとしています。

また、画面のひび割れや、電源・スリープボタンの交換に支障をきたす損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があるので、ケースによっては修理費用が発生する場合も考えられます。

また、修理・交換は製品を購入した国でしか受けられない場合があるそうです。ご注意ください。

この全世界共通のプログラムは iPhone 5 の通常の保証期間を延長するものではなく、ihone 本体の最初の小売販売日から 2 年間、または 2015 年 3 月 1 日まで (いずれか期間の長い方)、対象となる iPhone 5 のバッテリーに適用されます。

 

電源・スリープボタンが機能しなくなる障害について

 

もう随分前になりますが、Apple社は5月25日(現地時間)に、2012年9月に発売した同社のスマートフォン「iPhone 5」の一部機種で電源・スリープボタン(本体上部側面右側に配置されているキー)が機能しなくなることが判明したとして、対象となる製品のボタンを無償で交換しています。

一部機種で電源・スリープボタン(本体上部側面右側に配置されているキー)が機能しなくなる問題

今回の交換プログラムはこれに続くものですね。知らなかったというかたは、ぜひこちらも確認してみて下さい。

iPhoneはその他のスマートフォンに比べて、使い始めは結構覚えるのに大変なんですが(私だからかもしれませんが…)使い出すと本当に便利で手放せなくなりますよね。

私の友人は既に対象商品だと判明したのですが、交換プログラムが発表されて最初のうちは修理に持ち込む人が多くて時間がかかるかもしれないので、ちょっと落ち着いてから行こう!と言ってました。

バッテリーが発火するとかじゃないし~!とのんきな感じで(^^;)

とりあえず、大きな支障がないかたは、ゆっくりのほうが良いかもしれませんね(^^)