尾鷲市沖の尾鷲湾の入り口に張る定置網に、世界でも捕獲例の少ないサメの一種「メガマウス」が!!

世界でも捕獲例が少ないということですが、確かにこんなに大きなサメを捕獲するのは大変ですよね。

 

水族館でも見た事の無いおっきなお口のサメですね。写真でみても怖すぎですね~

 

めがまうす出典:中日新聞より

 

定置網に引っ掛かっていたわけですが、漁師さんもさぞ驚いたでしょうね。

 

 

この辺にいるの?

こんな陸地の近くを泳いでいる魚なのかと疑問に思いますよね?

 

メガマウスという魚は水深一〇〇~二〇〇メートルに生息している魚。

メガマウスはネズミザメ目のサメで、体の表面は黒く顔の幅いっぱいに広がった大きな口と、オタマジャクシのような形の頭が特徴だそうです。

 

「幻のサメ」とも呼ばれていて、生態については解っていないことがたくさんあるそうです。

今回のメガマウスの体長は約五メートルあったそうで、港に陸上げされた時には、まだ生きていました。

これだけ大きいと体力もあるでしょうから、生きていたんでしょう。

 

こんなに大きくても意外なことに、プランクトンを食べて生息しているそうです。

 

三重大大学院生物資源学研究科水産実験所によると、国内では数年に一回くらい捕れるそうで、尾鷲市でも五年前にも別の定置網に掛かったことがあるとか。

つまり日本近海にはいる魚で、捕獲は珍しくても皆無では内容です。

 

今回のメガマウスは研究のために県外の施設に送られるそうです。

 

水族館など実際に生きたメガマウスを飼育している施設は世界でもないそうなので、今後生きたメガマウスが捕獲できる日が来るのが楽しみですね!

 

 

スポンサードリンク