4月の中頃にビックリさせられたニュースに、アメリカのオバマ大統領が5月に開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせて被爆地である広島を訪問する可能性があり現在は検討されているところだということでした。

 

アメリカ国内では今でも原爆を投下したことを正当化する世論が根強くあるようです。

そのため、オバマ氏の広島訪問は「謝罪」と受け取られるかもしれないとして、批判的な意見もあるようですね。

 

アーネスト米大統領報道官によると、広島を訪問するとなっても「大統領がどう決断するにせよ、第2次世界大戦を戦ったアメリカ人の勇気と英雄的行動に見合うものになるだろう」とコメントしていました。

 

いせしま1伊勢志摩

 

 

実現するのか?

可能性は高くなったようです!

 

アメリカの政府によると、オバマ大統領が伊勢志摩サミットのために来日するときに、被爆地・広島の平和記念公園を訪問する方針を固めたということで、日本政府と最終調整に入ったそうです。

 

アメリカ国民の意見はイロイロと分かれるでしょう。

私個人としては、正当化するとかしないとかではなく、ひとまず終わった戦争のことはおいておいて、アメリカからも”核”は危ないものだということを、世界にもっと発信してほしいので、そのきっかけになればいいと思います。

広島訪問が実現すれば、現役のアメリカ大統領としては初めてのことになります。

 

げんばく

 

オバマ氏が掲げる「核兵器のない世界」に向けた取り組みを、後に続くアメリカの指導者が継承しさらに発展させるためにも、象徴的な機会を持つ狙いもあるようです。

 

これはとてもいいことだと思うので私は歓迎します(^^)

過去の勝ち負けより、これからの世界を考えて行くことが大事ですからね。

 

広島訪問は名誉

2009年11月に初めてオバマ氏が日本に来日した時に広島を思いこんなことを仰いました。

 

「将来訪問できたら非常に名誉だ」

 

ただ、アメリカ国内では退役軍人を中心にして「原爆投下によって日本本土上陸作戦が回避され、多くの米兵の命が救われた」という根強い意見があることから、オバマ氏が広島を訪問すれば「謝罪」と見られる可能性があることから、これまでは見送られてきました。

 

げんばく1

 

まとめ

ぜひ広島に来て欲しいですね。

そして世界に「核兵器のない世界」を広げて行ってほしいです。

お待ちしております。ついでにサミットに参加する他国の代表の方にも、ぜひ広島を訪問して頂いて「核」の現実を見て帰って欲しいと思いますね。

 

本日も記事を読んでいただき有難うございました(*^^*)

スポンサードリンク