光学機器メーカーのHOYAは2016年6月20日、4月の熊本地震で被災していた熊本工場(熊本県菊池郡大津町)を閉鎖すると発表しました。

現地には多くの従業員がいます。

工場の復帰に向けて検討を進めていたそうですが、クリーンルームや精密機器などの設備が大きな被害を受けたことから、生産再開を断念したそうです。

 

熊本工場は、1996年11月に操業開始。液晶パネル用や半導体用のフォトマスクを製造していました。

全体の4分の1をこの工場で生産していたので、かなり大きな工場ですよね。

今後はどういう形になんでしょうか・・・。

 

 

熊本工場はどうなる?

HOYAの液晶パネル用フォトマスク

韓国と台湾にも生産拠点があることから、今後、液晶パネル用フォトマスクの生産は、台湾と韓国へと移管するこtにんるそうです。

すでに2016年5月の時点で「台湾と韓国の両工場は現在100%に近いくらい稼働している上に、台湾工場に新しい描画機を2016年3月に導入したばかりで、新設備をフル活用して、熊本工場の分までカバーしていく予定。

 

半導体用フォトマスク

こちらについては、熊本工場でローエンド、ミドルエンドの製品を生産してきたそうなんですが、今後は、高精度品の生産を手掛ける八王子工場(東京都八王子市)に移管することになりました。

 

 

閉鎖後は?

熊本工場を閉鎖したあとの跡地がどうなるのか。気になりますね。

HOYAは2017年3月をめどに、液晶パネル用フォトマスクの技術開発における主要拠点としてを再建する方針を示しています。

これからも関連する拠点の一つとして活用していくようですね。現地で働いてきた従業員にとって、少し光が見えますが多くの従業員の処遇はいったいどうなるんでしょうか?

 

 

従業員の処遇は?

従業員は約140人ほどおられるそうです。

この方々は、他の拠点への配置転換をしたり希望退職をつのるようです。

ちょっと納得のいかない方も多いでしょうね。何のミスもなく会社の業績が不振になったわけでもないのですから、地震さえなければ今も一所懸命働いていたはずです。

出来る限り救済されるといいですね。職がなければ生活していくことができませんし、子育て世代の若い家庭にはそれこそ大きな打撃となります。

こういったケースは他にもあるでしょう。ホントに悔しい事ですね。

 

 

一つずつ改善されるように

まだ余震はあるようですし、心配ごとはつきませんが少しづつでも改善されていくことを祈ります。

本日も記事を読んでいただき有難うございました(^^)

スポンサードリンク

スポンサードリンク