総務省が、普段都市部で生活している若者が長期休暇を利用して、地方で働く「ふるさとワーキングホリデー」制度を2017年に開始します。

ネット上などでは「休暇に働くってどういうこと?」「わけがわからないよ」とこの制度に?????の事態が起こっています。

「ふるさとワーキングホリデー」は、長期休暇を使って、1週間~1カ月ほど地方に行き製造業や農業などに従事する制度です。

これは人口が減っている地方の人手不足解消のためや消費の押し上げのためです。

また、若者の地方への移住を促進したいなどの狙いもあるようです。

これに対してネット上で上がっている声は、もっともな意見です。

「休暇に働くというのは矛盾」

「労働力を安く使おうとしているだけでは」

など。どちらかというと批判的な声のほうが多いです。

 

スポンサードリンク