漫画家のくりた陸さんが7月4日早朝に亡くなりました。

7月10日の、くりた陸さんのTwitterに投稿されて事実が明らかになりました。

「長らく病気と闘ってきたくりた陸ですが、7月4日早朝に、息を引き取りました」

くりたさんの関係者や出版社なども訃報を伝えています。

くりたさんは1982年に「少女フレンズ」でデビュー。

「ゆめ色クッキング」「くじらの親子」「オレの子ですか?」などで知られています。

2003年には乳がんの宣告を受け闘病を続けてこられました。宣告を受けた時にはすでにステージ3で、腫瘍を小さくして手術に臨み成功したとはいえ、さらにがんは進行していきました。

治療に限界が来てからは、少しでも長く生きていけるようにと、

延命のための治療をしながら、執筆をつづけてこられました。

2011年に発売された漫画誌「フォアミセス」(秋田書店)で、宣告された当時の心境を描いた自伝漫画「陽だまりの家」を執筆しています。

 

左から、くりた陸さん、細谷修さん、板本こうこさん

出典:http://ebook.itmedia.co.jp

つい先ごろ、7月3日に発売された漫画誌「フォアミセス」8月号(秋田書店)でも、末期ガンで闘病中だったくりたさんが、描いた読み切り漫画「娘とともに…」が掲載されました。

くりたさんも。

小林麻央さんのようには大きく取り上げられてはいませんでしたが、同じようにがんと闘い頑張った偉大な女性ですね。

秋田書店「エレガンスイブ」編集部の公式アカウントによると、くりたさんは「フォアミセス」8月号の巻頭カラーを描き上げた後に、長い眠りについたそうです。

最後まできっちりと仕事をやり遂げた生き様は、尊敬に値するものですね。

なお9月15日には「娘とともに…」、「陽だまりの家」が併せて収録された「~乳がんに襲われ余命宣告を受けた少女漫画家の家族への手記~陽だまりの家」が発売される。

死んだ後に残しておきたくないと、原稿のほとんどは処分されたそうです。

手に取って読んでみたいですね。

 

くりたさん。お疲れ様でした。ゆっくりお休みください。

心よりご冥福をお祈りいたします。

冒頭画像出典:https://fundiy.jp

 

スポンサードリンク