Instagramは9月26日に、サービス上での嫌がらせやいじめなどの対策に、投稿にコメントすることができる相手を制限できる機能を追加した。

Instagramは検索し放題でコメントしたければできますよね。しかも閲覧の仕方によっては相手に自分が閲覧した足跡が残ってしまいます。

私の周りでも足跡が残っていたことからトラブルになったケースもありました。

ネット上では足跡の残らない閲覧の仕方を教えてくれるブログもたくさんあるので、インスタグラムを利用している方は知っておくほうがトラブル回避になりますね。

今回、こういった機能が付かされたのも、嫌がらせやいじめが多いという結果でしょうけれど、くだらないことをする人の多さにビックリしてしまいますね!

そんことをして何の得になるというのか・・・。私個人は本当にくだらないと思ってしまいます(*_*;

 

では、今回どういった機能がつかになったのでしょうか?

 

公開設定のアカウントユーザーは誰でも利用できるものだそうです。

コメントできるユーザーを「誰でも」「フォロー中の人とフォロワー」「フォロー中の人」「フォロワー」の4段階のいずれかに設定できます。

 

設定方法はプロフィールの設定画面から

設定(歯車)→[コメント]→[コメントコントロール]

 

アカウントを非公開設定にしているユーザーの場合は、今まで通りブロックしたい相手を1人ずつ指定できます。

他にも、2016年12月にフィード投稿に適用した、自殺をほのめかすような投稿を報告する機能を、ライブ動画にも利用できるように機能を追加。

★ライブ動画視聴中における匿名の報告の仕方

画面下の[…]をタップ→[報告]

 

投稿者も閲覧者も気持ちよく、楽しく使えるほうがいいですよね♪

ぜひ、参考にして楽しくインスタグラムをしましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました(*^-^*)

スポンサードリンク