小渕優子経済産業相(40)に続き松島みどり法相(58)も辞任する意向を固めたそうです。安倍政権の看板だった女性閣僚に相次ぐ失態に内閣改造の意味が失われそうですね。

小渕優子経済産業相=衆院群馬5区=は20日午前に、安倍総理と首相官邸で会い、自身の関連政治団体による不明朗な会計問題の責任を取って、辞表を提出しました。

安倍首相はこれを受理し、経産相の臨時代理に高市早苗総務相を任命しました。

そして、松島みどり法相(58)=東京14区=も選挙区内で「うちわ」を配布していた問題の責任をとり辞任する意向を固めました。

2012年12月に発足した第2次安倍内閣で閣僚が辞任するのは初めてです。

以前の内閣ではよくあったことですが、今回の安倍内閣は随分順調に進んでしましたが、ここにきて…ですね。

しかも安倍内閣の目玉である女性閣僚。

そして女性閣僚が同時二人も辞任する事も今までになかった異例の事態で。

安倍総理は女性政策推進の象徴として内閣改造で女性閣僚5人を起用しただけに、政権に大きな打撃となるのは必至で、当然内閣支持率も下がるでしょう。

スポンサードリンク

 

 

小渕氏と安倍総理の会談

小渕優子氏は20日の午前8時20分ごろから約30分間に渡り、安倍総理と会談。

「政治資金問題を引き続きしっかり調査し、政治家として襟を正したい。国政に遅滞をもたらすことは許されず、閣僚の職を辞したい」と辞任の理由を説明。

また「内閣の一人として女性活躍や経済再生に貢献できず、申し訳ない」と首相に謝罪したそうです。

確かにこの方は安倍内閣の一番の目玉と言えたでしょうから残念なことです。

しかも政治資金問題もあまりにも初歩的なズサンさで、お父さんの元小渕首相も天でどう思っておられることでしょうか?

小渕優子氏は経産省で記者会見を行ない、観劇会をめぐる収入と支出が大きく食い違っていることについて「指摘を受けている通り、大きな疑念があると言わざるを得ない」と述べました。

ここは正直で良かったと思います。

同時に本当に知らなかったんではないかとも思いました。

改めて税理士ら第三者に調査を依頼するそうですが。政治家としての初めての挫折となりました。

内閣として

菅官房長官は20日午前の記者会見で、「大変残念だが、首相は小渕氏の意思を尊重して受け入れた」と報告。

阿部総理が正式な後任人事を速やかに進めることについても説明もありました。

後任には閣僚経験のあるベテランの男性議員らの名が上がっているようなんですが、安倍首相としては慎重にならざるをえないでしょうね。

もう問題が起きないような人選をするでしょうし、一国民として私も願っていますが。

心のどこかでは、所詮、政治家は皆おなじ様な気もします。

特に最近はたたき上げで台頭してきたような方はいませんし。2世などもともと後押しをしてもらえる環境にある方のほうが、政治家になりやすいんでしょうね。資金も必要ですし。

 

小渕さんと松島さんの今後

気になりますね。

松島さんが2012~2014年に「うちわ」を約178万円で計2万1980本作り、選挙区内のイベントなどで配布した問題も。

うちわの柄にとして、名前やイラスト、成立した法律が記されていたそうですが、「法務大臣」の肩書の入ったものも多数配ったようですね。

国会の審議で、有価物ではないかとの追及に「うちわのように見えるかもしれないが価値のあるものではない。討議資料だ」というように説明しました。

ちょっと間抜けな言い訳のようでしたし…。

小渕さんは小渕元首相の次女で2008~2009年の麻生内閣で少子化担当相として戦後最年少で入閣。党内では「将来の首相候補」と注目されていました。

小渕さんの「公私混同」や「不明朗会計」とともに雲の中に消えてしまわないように国民に対してきっちり説明して、新たな道を歩いてほしいものです。

同じ女性として応援したいので。

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク