去年からお騒がせの相撲界にまた新な事件が発覚しました。

 

大相撲十両の大砂嵐が今月、長野県で無免許で車を運転し、追突事故を起こしていたことがわかりました。

警察は、大砂嵐を道路交通法違反の疑いで書類送検する方針だそうです。

 

ところが、大砂嵐は日本相撲協会に対し、「自分は運転していなかった。妊娠中の妻をかばうために運転席に行った」と説明したそうです。

どういうことなのか、検証していきましょう!

 

                 出典:ootake-beya.com

 

 

大砂嵐はエジプト出身の力士ですが、国際免許を持っていないということです。

両国国技館では21日夜に、日本相撲協会の春日野広報部長、大砂嵐や大嶽親方が、撮影のない形で記者らの取材に応じたそうです。

大砂嵐は無免許なので運転はしていないと言っていますが、この事故に関して大嶽親方や相撲協会にはまったく報告していなかったそうです。

去年の流れからいうと報告をしないというのは、何らかの意図があるのかと勘ぐってしまいますよね。

 

後ろめたくないのなら正直に報告するべきことですし、隠していてもこんな有名な方のことがバレないわけはありません。

大砂嵐は記者の質問にはまったく答えず、無言のまま。

大嶽親方は、大砂嵐を22日から休場させることを報告。さらに、昨日に初めて知ったらしく、ショックで頭が真っ白だとも、話していたそうです。

 

親方と弟子は信頼関係がなくては成り立ちませんからね。親方もさぞかしショックだったと思います。

大嶽親方がどうして報告しなかったのかと聞くと、大砂嵐は『すいません』としか言わなかったとか。

日本相撲協会の春日野広報部長は、警察は大砂嵐を書類送検することを考えているという情報も踏まえてでしょうが、世間に報道されていることと、大砂嵐の報告に異なる点があることから、今後、確認を進めていくとしています。

 

さて、真実はどうなっていくのでしょうか。

大砂嵐の奥様のおなかのお子さんのためにも、正直で強いお父さんになってほしいと思いますので、真実を話してくれることを祈ります。

 



スポンサーリンク