財務省は財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の会合において、2011年度に制度化された公立小学校の1年生について1学級35人とする制度をそれ以前の1学級40人に戻すように文部科学省に求める方針を提示しました。

これって子育てをしている保護者には見過ごせないお話ですね。

うちにもまだ小学生の子どもがいますが、1クラス35人でもまだ多いと思っています。

先生1人で35人見るのも、正直大変そうに見えますよ。

スポンサードリンク


 

 

 1クラス35人学級は、民主党政権のもと小学校でのきめ細かな指導を目的として導入されました。

この制度ができて喜んだ保護者は私をはじめとしてとてもたくさんいらっしゃるでしょう。

 

今回なぜこんな論議になったのか?

国としては財政負担が増えることも覚悟で制度化したにもかかわらず、学校現場でのいじめや暴力行為の抑制など明確な効果が認められないと主張しています。

確かに、そうでしょう。実際の学校は「いったいどんなふうに育ったらこんな子どもになるんだろう…」というお子さんはたくさんいます。

ですが、これは保護者の質が落ちたのだと私は常々思います。

子どもに目を向け、手をかけることを面倒くさがる母親は多いです。

そんなことよりも、自分のおしゃれや遊びに興じていて子どもをほったらかしている親はたくさんいますね。

それでも虐待せずに育てているだけマシなんだろうか?と思うことが多いです。

財務省の試算では、40人学級に戻した場合、義務教育にかける国庫負担金を年間で86億円削減できるそうです。

教室

有難いのは、下村博文文科相が40人学級復活に難色を示していることです。

私個人はおおいに下村さんを応援しますよ。

1年生は20人学級でもいいくらいだと思います。

もちろん1年生だけでなく中学校3年生までは30人学級くらいが一番いいように思います。

財政審は、社会保障についても議論したそうです。財務省は、生活保護受給者の医療費に充てる「医療扶助」について、処方する薬を価格の安い後発医薬品に可能な限り切り替えるべきだと主張したそうです。

まあ、これは当然でしょう。

切り替えにより医療扶助を年間約490億円削減できると試算したらしいですから。これはいい案だと思いますね。

お国の財政状況が良くないのは理解できますが、実際に消費税も上がりましたし、もう一度上がります。

削減できるところはもちろんやっていただいて賛成ですが、教育にかけるお金を削減するのはやめて欲しいです。

いち母親からすると増やして欲しいくらいですもの。

学校についてはもっと議論して欲しいですし、先生方の教育ももっとして欲しいです。

たまになんか変わった先生がいますよ~!!

ほかにも大学の教育実習の期間の拡大を望みますね!

1年くらい通しで週に1回程度の現場研修を積んでほしいです。

受け入れる側も大変とは思いますが、今の子どもの現状を見るにつけ、また新卒採用の先生を見るにつけ、学生の間に時間の許すかぎり現場を体験することは重要だと感じています。

とにかく35人学級は続けてもらわないとね!!!困ります!

スポンサードリンク