三菱自動車工業は4月20日に、型式認証取得時に同社が国土交通省へ提出した燃費試験データに不正がある4車種について公表し記者会見を開き謝罪を行いました。

 

しかし新たにまだ不正データで認証を取得していた車種が発覚しました。

三菱自動車の悪質さもここまで来ると信用度はガタ落ちですね。せめて先日の発覚時にすべての車種を公表していればまだ良かったのに・・・・。

 

 

タカタもどうかと思いましたが、三菱自動車の消費者に対する思いが良く分かって、トヨタ車好みの私は、やはりトヨタで良かった!!と思いましたね(-.-)

 

あとは。古い体質から未だに抜け出していないと言われていましたが、言うがままに作業するしかない下っぱの社員さんのことを思うと、ホントに可哀想になりますね。

 

発覚の経緯

何とも恥ずかしい話ですよね~。

軽自動車の開発で提携する日産自動車が次の車の開発をするために、該当車の燃費を参考に測定した事で発覚しました。

測定した数値に開きがあったために三菱自動車に確認を求めたわけです。

 

これを受けて三菱自動車では社内で調査をし、その結果として不正があったことが発覚しました。

 

相川哲郎社長は20日夕方に、国土交通省で記者会見し、「軽自動車の燃費試験時に燃費をより良く見せるためにデータを改ざんする不正が行われていた」ことを認めました。

具体的にはタイヤの抵抗や空気抵抗の数値を意図的に操作し、実際より燃費が良くなるように見せかけて届けを出していました。

 

社長などの上層部は知らなかったようですが、多くのリコールの処理が落ち着いてきたところでのこの件はさらに三菱のイメージを落とす結果になりましたね。

 

第1性能実験部の元部長が「私が指示した」と話しているそうですが、力の強かった部長さんだったとしても、一人の指示でやったとは思えないのが元OL経験者の私の意見ですね。

 

元部長さんは自分一人が犠牲になって、この事態を収めようとしているようにしか思えませんね。

 

殊勝なことですが。この元部長さんだけで終わるなら、今後も期待できないのでは?と思ってしまいますね。

 

スポンサードリンク