インドネシアのジャカルタで行われているアジア大会。

男子バスケットボールの代表選手4人の行動規範の違反には、情けないことこの上ないですね。

 

 

ユニホームで歓楽街なんて聞いた時には信じられませんでした。だって、中学校の部活でも部活Tシャツなどでコンビニに入店することすら禁止されているのが普通です。

この方々は日本の代表になるような選手なのに、いったいどんな”タガ”の外れ方をしたのか。

今回の経緯と各選手の所属チーム代表の謝罪文をご紹介します。

 

🏀経緯

日本選手団ユニホームを着て、はじめは食事だけのつもりで選手村を外出し、ジャカルタの歓楽街・ブロックMで買春とみられる行為にまで至ったのだから、もう普通の心境とは思えないですよ。

日系人に声をかけられて女性が接客する店を紹介され、その後、それぞれ女性をホテルに連れ込み行為に及んだというのですから、間抜けというかアホですね。

 

私服であっても恥さらしな行為をユニフォームでですからね。

 

バスケ人生だけでなく、人としての人生にも汚点を作ってしまったわけです。

 

橋本拓哉(23)、今村佳太(22)、佐藤卓磨(23)、永吉佑也(27)の4選手。

名前も何もかもバレバレな人たち。

少しも躊躇しなかったんでしょうか?

 

20日、成田空港に帰国しましたが、待ち構えた約200人の報道陣や一般客が見ているなか、Tシャツ姿で現れた彼らは神妙な面持ちで一礼し無言で迎えの車に乗り込みました。

 

🏀各選手の所属チームが謝罪

橋本拓哉(23)が所属する大阪エヴェッサ

代表取締役の安井直樹氏 「アジア競技大会に日本代表選手として参加していた弊クラブ所属の橋本 拓哉選手が活動中に非常に軽率な行動をしてしまったことについて、誠に残念でなりません」とし、「日本オリンピック委員会、日本バスケットボール協会ならびにBリーグ、そして日頃より大阪エヴェッサをご支援ご声援いただいているパートナー企業の皆さま、関係者の皆さま、そしてファン・ブースターの皆さまへ多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。弊クラブといたしまして、日本を代表する活動の中で起こした今回の事象を大変重く受け止め選手研修などの教育を改めて実施いたしまして、再発防止を徹底して取り組んでまいります」

今村佳太(22)が所属する新潟アルビレックスBB

小菅学社長 「弊クラブ所属の今村佳太選手が、日本代表での活動中に軽率な行動をとりましたことを、日本オリンピック委員会、日本バスケットボール協会、バスケットボールファンの皆様、そして、日頃よりご支援を頂戴しております新潟アルビレックスBBに関わる全ての方々に深く心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「この度の件につきましては、代表活動中のこととはいえ非常に残念であり、クラブといたしましても大変重く受け止めております。今後につきましては、チームルールを再度徹底し、再発防止に全力で取り組んて参ります」

佐藤卓磨(23)が所属する滋賀レイクスターズ

坂井信介社長 「この度の弊クラブ所属佐藤卓磨選手のアジア競技大会開催中における不適切行動につきまして、大変残念に思っております。日本代表として送り出してくださった滋賀レイクスターズのファン並びにスポンサーの皆様はじめご支援、ご声援をいただいている関係者の皆様、また、日本オリンピック委員会及び日本バスケットボール協会の皆様に謹んでお詫び申し上げます」と謝罪。「日本代表として模範であるべき立場ながら、軽率な行動で関係各位にご迷惑をおかけすることとなり、所属クラブとしても責任を重く受け止めております」とクラブとしての責任にも言及し、「クラブとして選手教育に改めて取り組み、再発防止に努めて参ります」と再発防止を誓った。佐藤に対するクラブ対応については「Bリーグ事務局とも協議し決定いたします」とし、ラ改めて「本件に関して心からお詫び申し上げます」

永吉佑也(27)が所属する京都ハンナリーズ

高田典彦社長

「弊クラブ所属の永吉選手が、日本代表で活動中に軽率な行動をしてしまったことはまことに残念です。日本オリンピック委員会、日本バスケットボール協会ならびに弊クラブを支援していただいています皆様はじめ関係者の皆様、そしてファンの皆様に多大なるご心配、ご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「弊クラブとしましては、代表活動中のこととはいえ今回の事象を大変重く受け止めています。クラブ全体として選手研修などの対策を改めて強化し、再発防止に取り組んで参りたいと考えております。永吉選手に対するクラブ対応については、本人と直接面談した上で改めて発表いたします」

出典:スポニチアネックス  

🏀残った代表メンバーのみなさん頑張ってください

当該4選手の日本代表の資格ははく奪され、強制帰国処分となったのは当然ですが、残された代表選手の方々の気持ちを思うと本当に残念でなりません。

バスケットボールはとてもハードなスポーツですから、人数がいるにこしたことはありません。試合中の交代はもちろんですが怪我をすることもあるわけです。

今大会、1次リーグC組の日本は通算1勝1敗で、次は22日の香港戦となります。

12人での登録が4人抜け、欠員の補充はされないそうなので今後は8人で出場しなければなりません。

帰国した4人は重々反省もするでしょうけれど、人生にできた汚点を背負いながら、その汚点を注ぐような生き方をしてほしいですね。

 

改めて4人の謝罪会見などもあるかもしれませんね。

本日もご訪問頂きありがとうございました(*^-^*)

スポンサードリンク