大阪なおみ選手!やりました全米オープンでセリーナ・ウィリアムズをストレートで破って優勝しました!

 

優勝おめでとうございます!

 

テニス全米オープンの第13日 女子シングルス決勝が2018年9月8日 ニューヨーク・ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われました。

日本では早朝にテレビ観戦されていたかたも多いと思います。

 

出典:Ailbain.Blog

 

対戦相手は元世界ランク1位で第17シードのセリーナ・ウィリアムズ

6―2、6―4のストレート勝ちというのがまたすごいですよ!!

日本選手としては男女を通して初の4大大会制覇となりました。

 

私は伊達公子さんの世代なのですが、当時の伊達公子の両手遣いのプレーに興奮したものでした。

 

そして、伊達公子の活躍を見て、いつか日本人が優勝する日も来るはずだと楽しみにしていました。

セリーナは、地震のブレークにも納得がいかず、ラケットを地面に叩きつけて破壊していましたが、そこまでの行動をとらせた?大坂なおみにたくさんの拍手を贈りたいです。

セリーナは過去に23回も優勝しています。年齢も重ねてきましたが、まだまだ世界のトップ選手です。

 

これからも、新しい日本人記録を打ち立てて行って欲しいです。

 

しかし。気になるところは国籍問題でしょうか。

彼女の父親がアメリカ人であり、本人も日本で過ごしたのは4年ほどなので、日本語もあまり話せません。

現在はアメリカと日本のどちらの国籍も持っていて、テニスをする上での国籍を”日本”としているため、日本人選手となっていますが、もしアメリカ国籍を選択するなら、日本国籍は失うことになります。

 

でも、日本国籍を選択してくれたら、アメリカは二重国籍が認められているので、今まで通りどちらの国籍も持つことができるんですよね。

これからが、楽しみですね💛

 

本日もご訪問頂きありがとうございました(*^-^*)

 

 

スポンサードリンク