過去にたくさんの実績を残してきた日本女子体操の鶴見虹子さんが、「体操・NHK杯兼世界選手権代表選考会」(17日・代々木第一体育館)において平均台の着地で大きく転倒してしまいました。

その後、最終種目の床の練習中に右足のアキレス腱を痛めてしまい、結局競技を棄権することになりました。

このため3年ぶりに目指していた世界選手権代表入りを逃すことになってしまいました。

スポンサードリンク