元イングランド代表FWウェイン・ルーニー。

偉大な選手として輝きを取り戻しましたね。

現地時間29日に行われたプレミアリーグ第14節ウェストハム戦に先発出場。

 

冒頭でお伝えしたハットトリック!

そのうちの1発は、約55メートルのスーパーロングシュートでした。  

さすがですよね~♪

 

若い選手でもなかなか1試合3ゴールはできないですからね。

彼自身では、なんと6年ぶりの1試合3得点。

現地のメディアには「最高のゴール」だったとコメントしていて、試合後も興奮冷めやらぬといったところだったんじゃないでしょうか。

 

ハットトリック

前半18分、ルーニーの縦パスを起点としてエバートンがPK。

キッカーはもちろんルーニー。

シュートは相手GKに一度カットされながらも、こぼれ球をヘッドシュートこれでまず先制点を入れました。

さらに約10分後、右サイドのクロスに対してペナルティーエリア外から、これでもかという全力疾走で走り込んでフリーとなって、右足で強烈なシュートをゴールに叩き込んで2点目を奪取しました。

3発目は後半後半21分。

味方陣地からロングパス、エバートンFWドミニク・キャルバート=ルーウィンが最終ライン裏に抜け出たんですが。

このピンチを回避すべくウェストハムGKジョー・ハートがペナルティーエリア外に飛び出しスライディングでクリア。

しかし、グラウンダーのボールがセンターサークル付近で待ち構えていたルーニーのもとへ飛んでしまいます。

一見ピンチだったんですが、これをルーニーは迷うことなく右足ダイレクトでキック!!!!

なんと、ライナーでゴールへ一直線。

これはホントにスーパーゴールでした。

ハットトリック!というだけでなく、見ていて痛快で気持ちの良い試合でした!!

 

これからもいい試合をしてほしいですし、頑張ってくださいね♪

最後までお読みいただきありがとうございました(*^-^*)

冒頭画像出典:フットボールチャンネル

スポンサードリンク