阿蘇、世界ジオパークに認定!国内では7つ目

ニュース パワースポット

熊本県の阿蘇が世界ジオパークに選ばれました!日本国内では7つめとなります。日本の自然の素晴らしさがまた一つ世界的に認められましたね。

日本人として、とても嬉しいです!

「世界ジオパークネットワーク」(GGN)は9月23日にカナダで開かれた会議で、阿蘇を世界ジオパークに認定しました。

 

世界ジオパークネットワーク(GGN)

世界的に貴重な地質や地形がある地域を認定する国際機関。

国内地域の認定は、島根県の隠岐諸島に続き7件目となります。

世界ジオパークは、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が支援する国際的プログラム。

GGNの審査を受け、加盟が認められた地域が世界ジオパークと認定されます。

 

ジオパークとは

ジオ(地球)に親しんで、ジオを学ぶための旅やジオツーリズムを楽しむ場所(地域)がジオパークです。

山や川をよく見て、その成り立ち(歴史)やしくみを知り、生物などの生態系や人の生活との関わりを考えるための場所です。

土の下にある石や岩などから空に向かい宇宙にいたるまで、数十億年の過去からこの先の未来まで、すべての自然、山と川・土と海や大気。

そこに住む人を含めてすべての生物について考える。地球を丸ごと考える場所のことがジオパークです。

「すべての生きとし生けるものや大地・大気・水」などを考え親しむというのは、マクロビオティックの精神性にもつながりますよね。

 

阿蘇地域

2009年5月に地元自治体などが「阿蘇ジオパーク推進協議会」を設立。

GGN加盟を目指して取り組みを進めてきました。

国内の機関「日本ジオパーク委員会」の推薦を受け、2013年12月、GGNに阿蘇の加盟申請を行なっていました。

阿蘇はカルデラで有名ですよね。私も幼い頃に行った事がありますが、もう記憶の彼方なので今回の認定を聞いて、是非、もう一度大人の目で見に行きたいと思いました。

阿蘇は熊本県の北東部に位置する高原地帯です。

数十万年にわたる火山活動で形成された世界有数の巨大なカルデラ地形が特徴。

2009年に日本ジオパークに認定されています。

 

パワースポット

阿蘇は、火の山として有名です。そして、パワースポットとしても人気があります!!

今から約27万年前に起きた大噴火は、火砕流が発生し九州各地だけでなく、瀬戸内海を超え、対岸の山口県まで届きそのまま日本海側にも到達した跡が発見されています。

古来より、たくさんの伝説と神話の舞台となっています。

関東から九州へ、西南日本を縦断する大断層の中央構造線は、阿蘇にも通っていると言われていますし、阿蘇は巨大なエネルギーを持っているといわれ、太古の昔から人々の生活に多くの影響を与えています。

UFOの飛来なども見られるようですし、阿蘇はとても不思議なスピリチュアルがあふれています。

ぜひ、阿蘇で不思議パワーをいただきましょう。

 

 

ジオパークに親しむ 

ビジターセンターや博物館ではガイドマップやガイドブックをもとに、自分でジオパークの見どころを回る事ができます。

また、ガイドの案内するツアーも多く参加してみると面白いと思います。きっと新たな発見をたくさんすると思いますよ。

何気なく見ている山や川には、それぞれ他のどことも違う成り立ち(歴史)があり、何かの訳があって現在のような姿になっています。

ただの崖にしか見えなくても、地球の歴史をひもとく重要な地層だったりや意味を持っていたり。

何となくいつも見ている風景も、改めて見るとそれぞれ意味があるように思えてきます。

認定されているジオパークではなくて、すぐ近くの自然がそれまでとは違う、素晴らしいものに見えてきます。

これってすごく楽しいことですよね?

そのジオのツアーを楽しむ企画があちこちで行なわれています。

自分の目でよく見る。ガイドの説明の助けを借りて少し考えれば、比較的簡単に紐解くことができます。

一度、野外でガイドの話も聞いてみてください。

ガイドとの相性もありますけれど、たぶん面白い話が聞けるはずです。

マグニチュード6以上の地震は世界中で起こっています。しかしその1割がなんとも…日本で起きているんです。

日本にはたくさんの活火山があり、山地が多く渓流もたくさんあります。

学校の地理の授業でも習いますが、川は流れが速いために水はとても綺麗です。

急斜面が多いこともあり、最近では大雨が降る度に土砂災害への警戒必要となっていますが、とてもジオに親しめる地域なのではないでしょうか?

日本はジオの知識が世界でもっとも役に立つ国の一つだといわれています。

地球を楽しく見てまわりましょう。

 

国内の認定済み世界ジオパーク

★北海道 洞爺湖有珠山

★新潟県 糸魚川

★京都府・兵庫県・鳥取県 山陰海岸

★島根県 隠岐諸島

★高知県 室戸

★長崎県 島原半島

私もすべての認定地を、いつか踏破したいです!!

スポンサーリンク

ページの先頭へ